ダーツを楽しく!【総合ダーツショップ】国内最大級の品揃え!初心者からプロまで、親切・安心・楽々ショッピング

オンラインダーツショップ エスダーツ - S-DARTS

MY PAGE - マイページ
LOG IN - ログイン
JOIN IN - 新規登録
1、ダーツの名称 2、バレルについて 3、フライトについて 4、シャフトについて
5、チップについて 6、ボードについて 7、ケースについて 8、アクセサリーについて
ダーツの名称
ダーツは4つのパーツで構成されています。ティップ・バレル・シャフト・フライトとなっていて、基本的にはそれぞれ取り外しが可能となっています。後から各パーツを好みのものに変更できますので、デザイン・カラー・メーカーなど、好みに各パーツのアレンジを楽しんで自分のマイダーツを完成させて下さい。
バレルには向きがありますが、2BAサイズのネジでティップ側、シャフト側それぞれ同じネジ穴ですので、ダーツをセットするときにはバレルの向きに注意してください。特にストレートバレルは向きの確認をしてください!
上記イラストは、ティップ・バレル・ナイロンシャフト・シャフトリング・スタンダードフライト(穴あけ加工済み)・フライトプロテクター装着の図です。
▲PAGE TOP
バレル

一番重要なダーツパーツ。
素材は真鍮のブラスダーツと、タングステンやニッケルなどの合金素材のダーツの2種類が基本ベースとしてあります。ブラスダーツは価格がお手頃なので気軽に始められます。タングステンダーツは、プロから初心者の方まで使用する、いわゆる一般的なダーツになります。タングステンの含有率は80%〜90%が多く出ており、値段が高いほど比率が高い傾向になります。

■ストレート型
バレルの中のスタンダードタイプ しかし重心が様々でバランスの取り方が難しい。上級者向き。
■砲弾型
太くて短い形状のために重心が取りやすい。 矢速がある程度早くなるのが特徴。直線的に飛ばすことが 出来る。
■魚雷型
グリップ位置が非常に決まりやすく、グリップに悩める方にはオススメのバレル。
■トルピード型
前から後ろにかけて徐々に細くなるタイプ。 前重心やセンター重心のものが多い。 そしてグリップも決まりやすい為、ビギナーの方も 扱いやすい。
■ACUTE(アキュート)型
ACUTE型は、逆ネジ方式を採用しています。 その為、他のバレルと違い重心位置が、極端に先端部分に 近い位置にあります。 先端が金属製のハードダーツをされる方が、ソフトダーツでも 違和感無く、使用出来るようにと開発されたもので、通常タイプ と飛び方がまったく違うので、これから基礎を作らなければいけ ないビギナーの方には、あまりオススメ出来ないタイプ。 上級者向き!

▲PAGE TOP
フライト
種類の豊富さでは、パーツの中では一番。
さすがにダーツを構成する中で目立つパーツなので、とにかく自分を演出する上で重要なアイテム。もちろんダーツの性能としても飛びの部分でとても重要となってきます。
形状としては、スタンダード・シェイプ・ティアドロップ・スリム・特殊な形状があります。
スタンダードやシェイプが一般的ではあるものの、最近ではティアドロップも多く見かけます。
■スタンダード&シェイプ
一番基本的な形。表面積が広い為、放物線を描くような飛び方をし、安定した飛行をします。シェイプはスタンダードより、少し直線的に飛ばすことの出来るタイプ
■ティアドロップ
スリムのように鋭く飛び、しかしながらスリムよりも浮力があるのが特徴です。
■スリム
面積が小さいため直線的な飛び方をします。安定性は低いものの、狙った場所に鋭く飛ぶのが特徴です。
▲PAGE TOP
シャフト
ナイロン製
金属製
プラスチック製
シャフトは、さまざまな材質のものがあり、大きく分けて上記のナイロン製、アルミニウムやチタンニウムなどの金属製、そしてプラスティック製に分けられる。
それぞれに特徴があって、柔らかい軌道をイメージするならナイロン製、シャープな飛びをイメージするなら、金属製やプラスチック製などを使うと良いと言われている。
また長さは基本的にショート・インビト・ミディアムと3種類有り、種類によってはエクストラショートと呼ばれるショートよりさらに短いものもある。長さによっても飛び方がさまざま違う。
いろいろ試してみて、自分のフィーリングに合うものを探してみよう!
★ワンポイント★
金属製・プラスチック製のシャフトの場合、フライト挿入部がフライトの厚さによってフライトが入らない・入りづらいなどの現象がよく起きます。その場合、マイナスドライバーや写真のようなダーツツールを使って、挿入部分を少し広げてからフライトを挿入しましょう!
▲PAGE TOP
チップ
2BA
4BA
コンバージョン
ポイント
1/4チップ
ボードに刺さる先端部分のパーツ。
種類は、リップポイントなど通常タイプの2BAタイプ、ACUTEなどの逆式ネジ式の4BAタイプ、ハードボードで投げる際のハード用の金属製チップ・コンバージョンポイント、そしてダーツバーなどに貸し出し用においてあるハウスダーツ用の1/4チップがあります。
これらは、短いショートタイプから長いロングタイプ、やわらかいものから硬いものまで、様々なタイプの国内産、海外産のチップがある。また、カラーも様々なのでカラフルにダーツを演出が出来る。
▲PAGE TOP
ボード
ソフトダーツ用ボード
ハードダーツ用ブリッスルボード
ダーツにはソフトとハードの2種類があります。その為、材質の違うボードが2種類あります。
●ハードボード:
スティールチップ用のボードで、直径13.2インチとソフトボードより一回り小さい サイズになっています。材質は麻の繊維で出来ている為、スティールチップ用と言っても、ソフトチップでも刺さりますので、家での練習用ボードとしては、音の心配が要らないので、最適です。
●ソフトボード:
ソフトチップ専用のボード。材質もチップと同様、プラスティックや樹脂で出来ています。こちらは、ソフトチップのみでスティールチップはボードセグメント(盤)を傷めてしまうので、使用できません。サイズは、直径15.5インチで、ハードボードより、一回り大きい。
▲PAGE TOP
ケース
ハードケース
腰掛ケース
首掛ケース
手持ちケース
ケースも様々なものがあります。
ダーツやアクセサリー類を収納するだけでなく、カッコよく且オシャレにダーツをするアイテムとしてなど、ファッションの一つとして使用する意味もあります。
自分の好みのものをチョイスしましょう!
▲PAGE TOP
アクセサリー
リング
     

ロイヤルリング
Oリング
フライトプロテクター
その他

●フライトプロテクター:
フライトがキレイな開きを保つ為のグッズ。フライトの先端部分に装着するフライトを保護する役目もある
●リング:
シャフトに取り付け、フライトを固定する為のリング。
フレックスリングやLリング、指輪リングは、フライトに穴を開けて、その部分に挿入する事で、より強くフライトを固定することが出来る。
●Oリング:
シャフトのねじ山に装着して、シャフトとバレルの緩みを防ぐグッズ。特に、金属製のシャフトに使うと効果的!
●その他:
シャフトやチップが折れて、ねじ山に詰まった時に、それを除去する時に便利なシャフトリムーバーやシャフトやチップを閉めたりする時に使うダーツツール、手がすべる時に使う滑り止めなどのアクセサリー類もある。

▲PAGE TOP
ダーツとは…。
ダーツの遊び方
ダーツグッズ購入講座